取引所CFDはレバレッジをきかせて取引可能です

株式投資って、どのような投資かご存知でしょうか?
株を買って、株価が上がった時に売って…それを繰り返すだけだと思っていませんか?
そう思っている人は、株式投資を始めないほうがいいでしょう。
実は、株式投資にもいろいろなものがあります。
中にはレバレッジをきかせて、少額の証拠金で多額の取引が可能になる方法もあります。

「取引所CFD」という方法が、これに適用されます。
これは簡単にいえば、差金決済取引というものです。
普通の現物株式の取引では、売買金額の全額を取引します。
しかし、CFDを利用すれば「差金決済」ですので、利益や損失のみを取引することになります。
取引対象に関しても、日経平均株価などの株価指数を対象としています。
証券会社によっては、他にもFTSE100なども取引対象となっています。

レバレッジをきかせて、少額の証拠金で多額の取引が可能になる。
最初にこう書きましたが、レバレッジをきかせるとは?と思っている方もいるでしょう。
レバレッジが20となれば、証拠金50万円で1000万円程度の取引が可能となります。
レバレッジ10ならば、証拠金50万円で500万円となります。
レバレッジをきかせることで、実際にある資産よりも大きな取引が可能となりますし、利益も得やすくなります。
その分損失も多くなりますが、ロスカットなど証拠金不足になる事態を防ぐこともできますので、初心者でも始めやすい投資と言えるでしょう。

また、通常の株式投資では、株を買ってから手持ちの分を売る方法で利益を得ようとするでしょう。
この場合、購入したときよりも株価が下がってしまうと、損失を出してしまいます。
CFDならば、これから株価が下がるとわかっていたときには「売る」ポジションから始めることもできます。
株価が下がる前に売り、下がったところで買う。
これで利益を得る方法も使えます。

レバレッジをきかせることができる・少額の証拠金で取引できる。
様々なメリットがある取引所CFD。このような投資方法もあると知っておけば、利益も得やすくなるでしょう。